体内時計の調整まで!安眠のための3つの最新家電を徹底解説!

快適な安眠には生活習慣や寝具、寝室環境、日差しや就寝前の行動など様々な条件が関わってきます。自分で工夫することで安眠しやすくなることも可能ですが、状況に応じて安眠グッズの力を借りた方がよいときもあります。最近では研究に基づいて安眠できる工夫を施した家電が発売されており、代表的な4つについて知識を持っておくことが大事です。

安眠家電が必要な人とは

たとえば布団やベッドの手入れを頻繁にするのが億劫だったり、家の立地的に日差しを積極的に浴びるのが難しかったりなど、様々な事情で安眠環境が作りづらいことがあります。そのような状況の人にとって、安眠家電は大きな助けになります。コストがかかるというデメリットはありますが、科学的に裏付けられた効果で安眠を得られるのは価格を上回る利点と言えます。

少しずつ努力を

安眠家電は睡眠のグッズの中でも効果を実感しやすいので、使って1週間や1ヵ月もしてくると睡眠習慣が整ってきます。全体的に乱れていた睡眠習慣が良くなってくると、自分の安眠のために足りない要素がはっきりしてきます。家電を活用して安眠できるようになってきたら、具体的に自分の睡眠の支障となる原因を自覚し、対策を採っていくようにしましょう。

睡眠記録で安眠の目標を

安眠するためにはまず自分の睡眠状態を理解する必要がありますが、そこで役立つのが睡眠記録を取れる家電です。様々なタイプの商品がある中、特に役立つのがタイマー付きの睡眠記録家電です。

これは寝返りなどを察知して睡眠の記録を取った上で、眠りが浅くなったポイントでアラームを鳴らしてくれる家電です。すっきりと目覚めたい方にぴったりと言えます。

太陽光の照明器具

日光には自然と目を覚まさせてくれる効果の他に、体内時計を整備して睡眠リズムを正してくれる作用もあります。安眠の最新家電には太陽光と似た明かりを照射してくれるものがあり、アラームより自然で快適な起床が可能です。

また、時計・アラーム機能がついたタイプもあるため、休日は照明のみ、仕事などがある平日はアラーム機能を併用といった使い方も効果てきめんです。

布団クリーナーで寝具を清潔に

綺麗な寝具では質の良い安眠を取れますし、何より寝心地がいいため寝つきがよくなります。数日に一回は洗濯や日干しをしたい寝具ですが、忙しくそのような余裕はないという人が多いでしょう。

布団クリーナーという家電は掃除機のように気軽に寝具を清潔にでき、除菌までしてくれるものもあります。寝具の手入れを怠りがちな方でも、手で持って気軽に使える布団クリーナーがあれば快適な寝具で毎日安眠できます。

アプリと連携できる家電も

上記のような家電の中には、スマートフォンのアプリと連携させることで機能が拡張できるものもあります。特に睡眠記録の安眠家電は、データをスマートフォンに保存してグラフ化したりできるものもあり、非常に利便性が高いです。

万が一睡眠の症状が酷くなってしまった場合、医療機関を受診することが勧められますが、その際に睡眠記録のデータは治療上有力な参考資料になります。

安眠家電を比較しよう

安眠のために最新家電を揃える時は、特徴を比較したうえで予算に応じて商品を選びましょう。インターネット上の口コミは役に立ちますが、あくまでも主観的な情報なので、製品のスペックなど客観的な情報が欲しい時には家電の公式サイトをチェックしてください。

睡眠快眠  睡眠快眠

関連記事

ページ上部へ戻る