他のことが気になって眠れない!安眠に効くホワイトノイズの効果3つ

ホワイトノイズとは

現在の液晶画面のテレビと異なり、ブラウン管テレビが主に使われていた時代では、放送局の一日の番組終了後に「ザー」というノイズ音・画面が流れていました。番組を見た後にこのノイズを聞いているといつのまにか眠っていたという方は多く、「ホワイトノイズ」と呼ばれて安眠に使われることが増えています。

なぜ「白色」なのか

白色の太陽光はプリズムを通すと虹色になるという波長を持っており、逆の作業をすれば虹色の光が再び白色に戻ります。ホワイトノイズは太陽光の波長と同じ波を持つため、このように「白色」という意味がつけられています。

安眠を妨げる要素

ぐっすり安眠することを妨げるものには、よく聞くことが多い不眠症があります。不眠症は精神的な緊張や不安感、睡眠時無呼吸症候群のような疾患によるものなど、自分の心身で起きている異常を原因とすることが多いです。しかし、騒音のように外部の要因でうまく安眠できないということも環境によっては起こり得ます。よって、安眠できない理由を特定するには内外両方の要素を考える必要があります。

母胎と共通するホワイトノイズ

ホワイトノイズが安眠に導く理由の一つには、母体の中で聞こえる音にホワイトノイズが似ているというものがあります。それが安心感に繋がり、ぐっすりと眠れるということが示唆されています。

ホワイトノイズで注意を逸らして安眠!

母胎のような音という特徴の他にも、ホワイトノイズは安眠を妨害する余計な心配事や騒音への注意を逸らすという役割があります。安眠に支障が出る要素より低い刺激をホワイトノイズで聴覚に与えることで、その刺激に集中できて他の要素が気にならなくなります。そして、安眠の波長を持つホワイトノイズを集中して聴くことでスムーズに眠ることができます。

日中の集中力を高める効果も

ホワイトノイズは睡眠前に聴くと安眠効果がありますが、何らかの作業に取り組む際に集中力を高める効果もあることが分かっています。日中に集中力が向上して物事を素早く確実にこなすことができれば、課題に追われるという焦燥感が減り、ストレスも緩和されます。これによって寝る前の不安や緊張感が減り、安眠しやすくなるという効果をホワイトノイズは持っています。

ホワイトノイズを聴く方法

専用のCD音源を使って聴くことが多かったホワイトノイズですが、最近ではインターネットを使って気軽にホワイトノイズで安眠効果を実感することができます。インターネットの動画サイトに安眠用ホワイトノイズが多く公開されていますし、スマートフォンのアプリでホワイトノイズを出してくれるものもあります。
特に後者のアプリを使った方法では、タイマー機能で自動的にホワイトノイズの出力を切ってくれるものもあり、安眠のタイミングに合わせた便利な活用が可能です。

ノイズの選び方に注意

安眠目的でホワイトノイズを聴く際には、他のノイズをホワイトノイズと混同しないように注意が必要です。ノイズには他にもピンクノイズ、ポップノイズ、クリップノイズなどがありますが、特にこれら3つはむしろ安眠には逆効果です。「ホワイトノイズ」という名称をしっかり覚え、適切な音源を探すようにしましょう。

睡眠快眠  睡眠快眠

関連記事

ページ上部へ戻る