中学生に長時間睡眠が必要な2つの理由

近年、スマートフォンやパソコンなどインターネット環境が整っている事で、深夜まで遊んでいる中学生は増えています。
朝は決まった時間に起床して学校に行かなければならないため、当然睡眠時間は短くなります。
睡眠時間が短くなると、勉強の効率や身体の成長にも悪影響を及ぼすでしょう。
中学生の最適な睡眠時間は、何時間なのでしょうか。
子供の健全な成長と睡眠は、非常に不快関係があります。
十分な睡眠時間を確保するということは、非常に重要です。

理想の睡眠時間とは

中学生にとって、理想の睡眠時間は8時間~9時間です。
学校に行くため朝の7時に起床する場合、前日は22時~23時には就寝していなければなりません。
小学生よりも、睡眠時間が多少減っても良いと考えてしまうかもしれませんが、中学生は小学生と変わりません。
中学生は成長期であり、睡眠時間が短くなる事で成長ホルモンの分泌が減少すると、身体の発達に大きく影響します。
また、睡眠時間が減ることで自律神経が乱れ、精神面でも悪影響を及ぼします。

中学生の理想睡眠時間が長い理由

中学生にとって理想の睡眠時間は、8時間~9時間となっており、長いと感じる人も居るでしょう。
これだけの睡眠時間が必要な理由は、主に2つあります。
まずは、健康な大人の体に近付けるためです。
睡眠中には、成長ホルモンが分泌されます。
これは、単純に「成長」させるホルモンではありません。
中には「身長を伸ばすホルモンである」などと紹介しているサイトもありますが、そもそも「成長ホルモン」とは正式名称ではなく、身長を伸ばすホルモンであるという紹介は誤りです。
勘違いしない様に注意しましょう。
睡眠中に分泌される成長ホルモンは、身体のあらゆる細胞を修復し、発達させるホルモンです。
つまり、身長を伸ばすということも含めて身体の発育をサポートする働きをします。
細胞が修復されなければ、内臓機能や肌、筋肉など、あらゆる細胞がダメージを受けたままの状態になります。
ダメージを修復できなければ、大人の身体になることもできません。
また、受験期の中学生にとって睡眠は非常に重要です。
人間は、睡眠時に記憶を整理して定着させます。
そのため、徹夜で勉強をしても脳に定着させることができず、成績を上げることはできません。

中学生の睡眠時間は短くなっている

1990年代の中学生と比較をすると、年代を追うごとに中学生の睡眠時間は短くなっています。
スマートフォンやパソコンでインターネットを楽しむ中学生も多く、深夜まで画面を見ているという中学生が増えているためです。
睡眠不足になるばかりか、スマートフォンなどの明るい画面を見ている事で睡眠の質も悪くなります。
睡眠時間は十分であっても、質が悪くなることで健全な発育に悪影響を与えてしまいます。
中学生といっても、まだ子供です。
両親が協力をする事で、十分な睡眠時間を確保するように工夫をしましょう。
睡眠時間が短くなる最大の要因は、スマートフォンやパソコンです。
夜は使用時間を制限するなど、親子関係が悪化しない程度にルールを決めることで、徐々に改善して行く事をおすすめします。
子供としっかりと話し合い、互いに納得できるように改善しましょう。

睡眠快眠  睡眠快眠

関連記事

ページ上部へ戻る