不眠で消極的になる?ポジティブ思考が睡眠に関わっている5つの理由

ネガティブ思考はよくないと言われますが、実際にポジティブ思考で生活しているとストレスが減り、睡眠が取りやすくなります。ネガティブな方は慎重で物事を正確にこなす傾向があり、それは活用すべき気質ですが、神経質になるあまりストレスが増大して睡眠の質が低下することがあります。睡眠は健康の基盤になるので、なるべくポジティブに毎日を過ごすことが欠かせません。

睡眠の好循環が生まれる

ポジティブな姿勢は睡眠の取りやすさ、質をアップさせますが、良質な睡眠はさらにポジティブ思考をしやすいように心身を整えてくれます。つまり、ポジティブに生活することで睡眠習慣に関して好循環を生み出せるというメリットがあります。

ポジティブは活動的になれる

ポジティブ思考が可能になると、運動などの生活習慣の改善や趣味への取り組みなどが行いやすくなります。すると日中に心身の状態が充実し、心置きなく良質な睡眠を取ることができ、結果的に翌日も活動的に過ごせます。

遠慮なく睡眠を取れる

ネガティブ思考の方は責任感が非常に強く、課された業務などを早くこなさないといけないという強迫感を抱いていることがあります。この強迫感は「睡眠はもったいない」という考え方に繋がることがあり、質の良い睡眠どころかそもそも寝ること自体を放棄してしまう方もいます。

ポジティブ思考ではたとえ課題が少し残っていたとしても、しっかりと睡眠を取った上でこなすための打開策を考えやすくなります。

精神疾患の予防・改善にも

精神疾患があると睡眠障害を併発することが非常に多いですが、ポジティブ思考だと精神疾患を予防しやすくなり、睡眠のトラブルが生じることも防げます。

また、精神疾患を患っているとどうしても物事を悲観的に捉えてしまいがちですが、最近では認知行動療法などによって思考の癖を改善していく治療法もあり、ポジティブな考え方を医学的に身につけていくことが可能です。

小さな心がけからスタート

普段ネガティブに物事を考えがちな人が、急に全ての事柄についてポジティブに考えようとしても苦痛に感じてしまいます。課題についてほんの少しだけ楽観的に考えてみるなど、些細な取り組みからポジティブ思考を始め、睡眠の質をアップさせましょう。

感情が爆発する前に

感情的になってしまうと物事を偏った見方で理解してしまうため、注意が必要です。ポジティブ思考とはただ単に前向きなだけでなく、いったん物事を遠ざけて客観的に見つめた上で、冷静に対処法を考えられることです。

そのため、差し迫っている事態や怒りたくなる状況が発生しても、まずは深呼吸をして落ち着くことで、感情を爆発させずにポジティブに解決方法を探ることができます。

感情が高ぶると睡眠しづらくなりますし、爆発した感情を後悔することで睡眠の質も下がるので注意しましょう。

時には助けを求めよう

ポジティブな生き方とは全てを一人で積極的にこなすのではなく、周りと協力しながらやっていくことです。辛いことや悲しい出来事があると睡眠が取りづらくなりますが、悩みごとを仲間と共有することで気が楽になり、睡眠しやすくなることもあります。

時にはアドバイスや助けを得ることも、睡眠にポジティブ思考を活かす方法の一つです。

睡眠快眠  睡眠快眠

関連記事

ページ上部へ戻る