良質な睡眠を活用してダイエットを成功させるノウハウ集

なかなかうまくいかないダイエットはどうして?

痩せるために運動もカロリー制限も頑張っているのになかなか痩せない。今まで順調に体重が落ちていたのに停滞してしまった。ダイエットをしている時は、どうしても体重に一喜一憂してしまいますよね。

ここで確認なのですが、ダイエット期間中しっかり睡眠をとれていますか?実は睡眠にはダイエットに効果抜群なんです。なのでこの記事では睡眠で得られるダイエットの効果を中心に紹介いたします。

一回の睡眠でこれだけカロリーは消費されます

成長ホルモンという言葉をご存知でしょうか?成長ホルモンは主に睡眠中に分泌されるホルモンです。このホルモンの効果は私たちの体に溜まっている疲労を回復したり、爪、髪の毛、皮膚などの体のダメージを修復する働きをしたり、睡眠不足によって下がっていた代謝をもとに戻したりする効果があります。

そしてこの睡眠の時に分泌される成長ホルモンにはカロリーを消費させる効果があります。一回の睡眠によって、性別や年代などによってばらつきはありますが、約300kcal〜400kcal消費されます。思ったよりもすごいたくさん消費されていますよね?

さらに睡眠の後半部分にはコルチゾールという副賢皮質ホルモンというホルモンの分泌がはじまります。このコルチゾールというホルモンは体脂肪を燃焼、分解する働きがあるので、こちらのホルモンにもダイエット効果があります。

睡眠にはこれだけダイエット効果があるので、ぜひダイエット中には熟睡できる環境を整えましょう。

良質な睡眠をとってダイエットを成功させましょう

では良質な睡眠を手にいれるためにもどんなことを普段からするのがいいのでしょうか?

まず最低でも眠る1時間前には夕飯を済ませましょう。眠る直前にご飯を食べて胃の中に食べ物が残った状態で睡眠に入ってしまうと熟睡の妨げになってしまいます。通常人は眠る前にメラトニンという睡眠ホルモンの分泌がはじまり体の内側の深部体温が下がっていきます。眠る準備をはじめるためです。

しかし胃の中に食物があると消化活動をはじめてしまい体の気温が上昇しはじめてしまいます。熟睡に向かっている体と逆の働きをはじめてしまうんですね。そして熟睡することができていないと、カロリーを消費する働きのある成長ホルモンの分泌量が下がってしまいます。

空腹の状態で眠るのは難しいと思いますので、どうして眠る前にお腹が空いた時はビスケットを2〜3枚など、軽くお腹を満たすことをおすすめしますよ。

そして眠る前に水分をとることもおすすめします。眠る前にたくさん水分をとってしまうと確かにトイレが近くなってしまうので、コップ一杯、300〜400ml程度の水分をとることをおすすめします。さらに白湯やホットミルクなど温かい水分をとると、メラトニンによる体の深部体温を下げていく手助けになるので良い睡眠の導入につながります。

運動に疲れた体を癒すためにも、ぜひ熟睡をしてダイエットを成功させてほしいです。眠るだけでカロリー消費ができたら、ダイエット中のストレスを軽くするのにも役立ちますよ。ダイエット成功のためにも、良い睡眠生活を心がけてくださいね。

睡眠快眠  睡眠快眠

関連記事

ページ上部へ戻る