リラックスできる安眠に役立つおすすめの入浴剤の香り3つ

お風呂でリラックスできていますか?

眠ろうと思ってベッドに入っても、体中が冷えていてなかなか眠りにつくことができない。一日中座って仕事をしているため、筋肉が固まってしまい睡眠中もリラックスできない。眠りたいのに体がリラックスしておらず、なかなか寝付けなかった経験はありませんか?

デスクワークをしている人は毎日忙しく働いていても、体が固まってしまい、疲れているのになかなか眠りにつくのが難しいと思います。日々のストレス解消や疲労回復のためにこそ安眠したいのに、寝つくことができないのは体にも心にも辛いですよね。

そこでこの記事では、安眠の手助けになる「入浴剤」について詳しく紹介します。眠る前に入るお風呂をリラックス空間に変えて、寝つきを良くしませんか?

安眠に効果的な入浴剤の香り3つ

まずは安眠に効果的な入浴剤の香りを3つ紹介します。

ラベンダー

リラックスできる香りとしてラベンダーはとても有名ですよね。ラベンダーには心を鎮静させる効果があり、香りを嗅ぐことでイライラした気持ちを鎮めることができます。さらに自律神経を整えたり、女性の生理痛を和らげる働きもあります。女性は生理前、生理中の時期、体全体が敏感になる時期なのでなるべくリラックスできる環境をつくりましょう。

ひのき

嗅いで気持ちよくなる木の香りとして、お風呂の桶や浴槽に使われることも多いひのき。ひのきの香りにも深いリラックス効果があります。リラックス効果の他にもひのきには緊張の和らげたり、冷え性やむくみの改善をしたりしてくれる効果があります。またひのきには、清潔感を保つための抗ウイルス、殺菌作用があるので肌を消臭し、清潔感も保ってくれます。

カモミール

カモミールはハーブティーなどで親しみのある人も多いかと思います。カモミールにはリラックス効果の他、食べ物の消化促進やアレルギー症状を和らげる効果があります。また発汗を促す効果もあるので、体の中の毒物や老廃物を排出させるデトックスにも最適です。体がすっきりして軽くなりますよ。

安眠に良いお風呂の入り方

安眠に効果的な入浴剤の紹介をしましたが、さらに安眠のために効果的なお風呂の入り方を紹介します。

お風呂の温度は40℃以下にしましょう

40℃を超える熱いお湯が好きという人もいると思いますが、安眠のことを考えて入浴するならお湯の温度は40℃以下、38〜40℃が最適です。お湯が熱すぎてしまうと体の温度も上がり交換神経が活発になってしまって興奮してしまいます。40℃以下でしたら体もほんわか温まるので副交換神経が働くようになりリラックス効果があります。眠る前の体の深部体温の働きを助ける効果もありますよ。

眠る2時間前には入浴を終わらせておきましょう

さきほども説明したように、人は眠る前にメラトニンという別名睡眠ホルモンの分泌によって、体の深部体温が下がっていきます。なので眠る直前に体の体温が上がる入浴をしてしまうと深部体温を下げるのに時間がかかってしまい、その分眠りにつく時間も遅くなってしまいます。ゆっくり体温を下げる時間を持つためにも、入浴は眠る2時間前に終わらせておきましょう。

ぜひ癒し効果の高い入浴剤を使って、良質な安眠を手に入れてくださいね。

睡眠快眠  睡眠快眠

関連記事

ページ上部へ戻る