効果的にプロテインを摂り睡眠の質を上げる方法

睡眠の質を上げたくないですか?

長い時間よく眠れたはずなのに、朝起きても疲れが取れていない。最近寝つきが良くなくて熟睡できない。こんな睡眠に関する悩みはありませんか?

良質な睡眠を夜にとることで生活全体に活気がでてきます。ただ忙しくてストレスの多い現代だと、なかなか睡眠時間の確保も難しく、十分に疲れを睡眠でとるのが難しくなっていると思います。なので良質な睡眠をとるためには工夫が必要かと思います。

そしてその良質な睡眠を得る手助けとして、プロテインが効果的ということはご存知でしょうか?

この記事では意外と知られていない、快適な睡眠にも役立つプロテインについて詳しく紹介いたします。

プロテインはどうして睡眠に良いのか

まずプロテインの成分について紹介します。プロテインを日本語に訳すと「たんぱく質」です。たんぱく質という言葉でしたら馴染みのある方がほとんどですよね。

そしてたんぱく質は私たちの体の筋肉、爪、髪の毛、骨、皮膚、血管などたくさんの体の部分をつくる働きがあります。それはたんぱく質を摂ることによって、成長ホルモンというホルモンの働きが活発になるからなんです。

そしてこの成長ホルモンは眠っている時に、より分泌されます。

眠りはじめてからの3時間前後が一番成長ホルモンが分泌される時間になります。また夜の22時から深夜2時までの間も睡眠のゴールデンタイムといわれていて、成長ホルモンの働きが活潑になる時間帯です。この成長ホルモンの働きを促進するためにプロテインを活用することが熟睡への手助けにもなります。

成長ホルモンには疲労快復や、脳の休息の効果もあるので、成長ホルモンが促進されるほど、次の日快適に過ごすことができますよ。

それではどのようにプロテインを毎日摂るのが睡眠に効果的なのか、次は紹介いたします。

安眠に効果的なプロテインの摂り方

成長ホルモンが分泌されう時間から考えると、眠る前1〜2時間前にプロテインを飲むのが効果的です。さらに成長ホルモンは運動のあとにも活発に分泌されるので、運動が終わった30分以内に摂取するのもおすすめです。

さらに夜眠る前にプロテインを摂取しておくと朝の代謝が良くなっているという情報もあります。ダイエット中の方、ついついたくさんご飯を食べてしまう方などにも夜眠る前にプロテインを摂取することはおすすめです。

ただし気をつけてほしいことがあります。人が1日に摂取するプロテインの適正量は約50〜60gです。もちろん性別や年代、その人の体型によって変動はしますが、あまりプロテインを摂り過ぎてしまうと肝臓や腎臓に大きな負担がかかってしまい、内臓疲労を起こししまいます。さらにプロテインは肉類に多く入っているのですが、プロテインを摂るためにたくさんお肉を食べているとカロリーオーバーにもつながってしまうので十分に気をつけてくださいね。

粉末状のプロテインでしたらお手頃な値段で今は様々な種類のものが販売されているので、ぜひチェックしてみてくださいね。カロリーも低めで、つくるのも簡単なので生活に取り入れやすいですよ。

ぜひプロテインを適度に摂る習慣をつけて、良質な睡眠を手に入れてくださいね。

睡眠快眠  睡眠快眠

関連記事

カテゴリー

ページ上部へ戻る