バランスの取れた食事が良い睡眠を生む

快適な睡眠を取るために必要なのが、バランスの良い食事です。ファーストフードやコンビニの惣菜など、栄養バランスの偏った食事を取らないよう、日々の食生活を見直して快適な睡眠を取りましょう。朝食をきちんと食べることでどのような効果があるのか、学ぶことが大切です。バランスの整った食事を食べないことで自分の体に悪影響を及ぼしてしまいますので、朝のメニューをきちんと考えましょう。

しっかりと朝食を食べることで夜眠りやすくなる

朝食をきちんと食べることで、夜眠くなるメラトニンと呼ばれる成分をしっかり生成することが可能です。メラトニンの生成には、必要とされている栄養成分を摂取してから14~16時間必要とされています。それゆえ、朝しっかりと栄養価のある食事をしておくことで夜きちんと眠ることができるようになります。メラトニンは必須アミノ酸であるトリプトファンが欠かせないのですが、トリプトファンは体内で作ることができない成分です。そのため、トリプトファンを食事で摂取する必要があります。トリプトファンは、脳の中でセロトニンに変化し、時間が経過して夜になるとメラトニンに変わります。トリプトファンをセロトニンに変化させるためには、ビタミンB6が欠かせないので、ビタミンBを多く含む食事を取るように気をつけましょう。

トリプトファンを多く含んだ食材を用いることが大切

快眠効果を期待したいのであれば、トリプトファンとビタミンB6を摂取することが大切なのですが、どの食材に含まれているのか、きちんと理解することが大切です。トリプトファンは私達日本人が普段食べている豆腐や納豆、味噌や卵などに多く入っています。朝和食派の人はこれらの食材を用いた料理を食べることが大切です。白米や焼き魚にはトリプトファンをセロトニンに変える効果があるビタミンB6がたくさん含まれていますので、白米や焼き魚を一緒に食べましょう。

朝洋食を食べる人は、パンと一緒に牛乳やヨーグルトなどを一緒に食べましょう。牛乳やヨーグルトにもトリプトファンが含まれていますので、セロトニンを作ることができます。自分の好きな食事を取りながら効率良くメラトニンを作ることができますので、毎朝食べるメニューを見直しましょう。

朝食事を取らないことで体に与える影響

トリプトファンやビタミンB6をしっかり摂取することができる食事を朝取ることによって、夜快適に眠ることができるのですが、朝忙しいからと栄養価の偏った食事ばかり取ってしまいますと、体調を崩してしまう危険性があります。トリプトファンの量が少ない食事を取ることによって、セロトニンが分泌されにくくなり、質の悪い睡眠を取ってしまう危険性があります。

その結果、寝つきが悪くなったりストレスへの耐性が低下してしまったりするので、体調を崩してしまいます。体調を崩してしまいますと仕事や学業に影響が出るのはもちろんのこと、プライベートの時間を有効活用することができなくなってしまいます。もし、セロトニン不足で体調不良になってしまった人は、ヨーグルトやバナナを食べることによって、症状を緩和させることができますので、実行してみましょう。

睡眠快眠  睡眠快眠

関連記事

ページ上部へ戻る