ハーブの香りで穏やかな睡眠を!安眠によく効く5つのアロマとは

ハーブを使ったアロマとは

翌朝すっきりする深い睡眠を取るための方法に、ハーブの香りを楽しむアロマがあります。アロマは液体タイプのものを専用の布に染み込ませたり、機器を用いて水蒸気に香りを含ませて楽しんだりします。他にも、キャンドルタイプで火をつけると良い香りが広がるものもあります。

アロマがなぜ睡眠を改善するのか

ハーブを使った睡眠方法には、サプリメントやハーブティーもありますが、アロマはこの2つより大きい安眠効果をもたらすことが期待できます。嗅覚は匂いを察知すると脳でその香りを処理するため、アロマの良い香りを感じると脳もリラックスすることができます。
不安感の表出を担う視床下部にも鎮静効果を与えられるため、リラックスして睡眠を取るのにアロマがぴったりです。

王道のラベンダーから始めよう

最もポピュラーなアロマであるラベンダーは、心地よい甘い香りで不安感やいらいらを和らげる効果を持ちます。自覚できるほどのストレスが溜まっている方に特にお勧めですが、睡眠に対してアロマを使うのが初めての方にとっても、まず挑戦してみたいのがラベンダーです。

男性と相性が良いマジョラム

マジョラムのアロマは、ミント系の爽やかでスッとした香りが特徴的です。女性にとっては少し爽快感が強い場合がありますが、男性がアロマを使う場合はお勧めの種類です。睡眠前に爽やかな気分になるためにマジョラムを使うのはもちろん、朝の目覚めをすっきりさせる時にも活躍します。

みかんの香りで癒されるマンダリン

アロマでは柑橘系の香りもよく使われますが、その中でも使用者が多いのがマンダリンです。マンダリンはみかんの香りを持つアロマで、睡眠に影響を与える自律神経を正常にする機能があります。複数のアロマと組み合わせても違和感がないのがマンダリンの特徴で、睡眠前の気分に合わせて単独でも他のものと一緒でも使える便利なアロマと言えます。

子どもも楽しめるカモミール・ローマン

ハーブティーとして飲まれるカモミールが「ジャーマン」という種類なのに対し、アロマとして使うカモミールは「ローマン」と言います。カモミール・ローマンは不眠解消効果がアロマの中でも優れており、睡眠に悩む子どもでも使いやすいというのが特徴的です。購入の際には、ジャーマンと混同して別の商品を買わないように注意しましょう。

華やかな香りのイランイラン

イランイランというアロマは、ロマンチックで華やかな甘い香りがするもので、カップルに人気な商品の一つです。単体では濃厚な香りがしますが、マンダリンのような柑橘系アロマとブレンドすることで睡眠前のリラックスに丁度良い濃度になります。

アロマの形態の選び方

睡眠時のアロマの使い方にはコットンなどに吸収させて枕元に置くという方法があり、初心者にとって特別な道具や機器を必要としない気軽な方法です。
アロマの使い方に慣れてブレンドに興味が湧いてきたら、水蒸気タイプのアロマグッズを使ってみましょう。水蒸気タイプには加湿器機能があることも多く、ライトアップなどの機能に優れているものも多数販売されています。
また、キャンドルタイプのアロマは睡眠前に簡単に使えますが、火を使うため就寝の直前というより、夜ゆっくりと活動している時間帯に使うようにしましょう。

睡眠快眠  睡眠快眠

関連記事

ページ上部へ戻る