テアニンで安眠!ぐっすり眠るのに麦茶が向いている4つの仕組み

お茶に多く含まれている「テアニン」という物質は、安眠効果があるということが証明されています。日本では馴染み深く手軽に飲める麦茶にもテアニンは含まれています。この物質は自律神経への働きかけでリラックス作用のある副交感神経を刺激し、体を安眠しやすい状態にします。

また、安眠に必要な脳のアルファ波がテアニンで出ることも分かっており、麦茶は安眠に効果的と言えます。

温かい麦茶がぴったり

麦茶の安眠効果を得るためには、冷たい麦茶より温かい麦茶の方がお勧めです。睡眠前に体温を上げておくと安眠が取りやすくなるので、ホット麦茶を飲むことでテアニンの恩恵だけでなく体温上昇の効果も得られます。

夏場は冷たい麦茶を飲むことが多くなりますが、容器にあらかじめ作った麦茶を入れておき、睡眠前に電子レンジで温めると麦茶を作る手間が省け、簡単に安眠できます。

緑茶より安眠向き

ほとんどすべてのお茶にはテアニンが含まれているため、緑茶でも安眠に役立つリラックス効果を得られます。しかし、緑茶にはカフェインが含まれていることが多く、カフェインは覚醒作用で睡眠前に取ると安眠が妨害される可能性があります。

一方、麦茶にはカフェインが含まれておらず、テアニンの安眠効果を得るのにはまさにぴったりな飲み物です。

麦茶はコスパが優秀

緑茶やハーブティーに比べ、コストパフォーマンスがよいというのも麦茶が安眠にお勧めの理由の一つです。医薬品は除きますが、基本的に安眠に有効な成分は継続的に摂取することで効果が発現するものです。お茶に含まれるテアニンも例外ではないので、高級な緑茶やハーブティーを買って一回きりの使用で終わるより、コスパの良い麦茶が使いやすいと言えます。

もちろん他のお茶にもそれぞれの安眠効果がありますが、初心者は手が届きやすい麦茶から安眠対策を始めてみましょう。

入浴時間が短い人に最適

麦茶を飲むという安眠法は、特に湯船にゆっくり浸かって入浴する時間がない人に向いています。湯船に浸かって体温が上がるとスムーズに安眠できますが、これと似たような効果を温かい麦茶でも得られます。

湯船でゆっくりすることは安眠対策の理想ですが、忙しさや疲労でなかなかその時間が確保できないことも多いです。その場合は、ぜひホット麦茶を活用してみてください。

寝る前にコップ一杯を

ホット麦茶でテアニンや体温調整の効果を得るために、寝る前に一杯飲むということを心に留めておきましょう。テアニンの効果は40分前後で現れると言われているため、就寝1時間前ごろから飲むと良いでしょう。

麦茶には安眠しづらくするカフェインが含まれていないので、もちろん他のタイミングでもホット麦茶を飲んで構いませんが、効果を最大限に得るためにはやはり睡眠前の麦茶を外さないようにしましょう。

効果が感じられない場合

数週間継続してホット麦茶を飲んでいるものの、あまり効果が実感できないということもあります。これは体質や体調に個人差があるためで、麦茶の安眠効果が薄いと感じる時にはホットミルクをお勧めします。

ホットミルクはトリプトファンという安眠効果のある物質が含まれているため、麦茶と並んで安眠にぴったりです。まずは手軽な麦茶から始め、それぞれのケースに応じてホットミルクも取り入れていきましょう。

睡眠快眠  睡眠快眠

関連記事

ページ上部へ戻る