サプリメントの代わりにも!安眠効果が抜群の食べ物を3つ紹介

安眠を求めてサプリメントや医薬品、処方薬を試す人は多く、それらは実際に効果が出るものです。ただ、特に薬品の場合は副作用の心配がありますし、サプリメントは商品によって高額なこともあり、継続しづらいと感じている方もいます。

安眠に役立つ栄養成分は本来食事からも摂取できるため、サプリメントや薬に頼りたくないという方は安眠に効く食べ物について学びましょう。

食べ物を取るタイミング

安眠を意識して食べ物を取る時は、内容にもよりますが概ね就寝前の2~3時間前までには食べておくようにします。消化活動は脳の休息の邪魔をしてしまうため、胃が活発になったまま寝るとうまく安眠できません。そのため、安眠に効く食べ物は就寝の直前には摂取しないように注意が要ります。

継続しやすい食べ物を

気持ちよく眠るために摂取したい食べ物は多くありますが、中には高品質なぶん高価な商品もあります。しかし、長期的な安眠効果を考えた場合、すぐに消費してしまう食べ物のコストは出来る限り抑えたいものです。

低価格のものでも原材料や成分を確認することでしっかり安眠効果が得られるため、価格的に続けやすい食べ物を選びましょう。

第一歩はアーモンド

アーモンドには様々な健康に効く作用があることが知られていますが、安眠にも役立ちます。特にアーモンドチョコレートにはトリプトファンやGABAなど、安眠に必要な成分が豊富に含まれているため、安眠効果のある食べ物ではまずお勧めしたいものです。

アーモンドの注意点

一つ注意したいのが、アーモンドチョコレートは500カロリー前後の商品が多く、これは一般的な分量のごはん2杯近くに相当するものです。そのため、アーモンドチョコレートを安眠に使う際は一日のカロリー量を他の食事で調整しておくか、適度な運動をするように心がけましょう。

カロリー調整や運動で肥満の防止・改善ができれば、無呼吸症候群などのリスクが減ってさらなる安眠効果が得られます。

かつおで安眠効果を!

前述したチョコレートに含まれるトリプトファンという物質は、精神の安定や睡眠に直接関わっています。トリプトファンを多く含む食べ物として、他にかつおが挙げられます。かつおは日本では馴染み深い食べ物で、刺身やたたきなど様々な方法で調理できるのが魅力的です。

また、夕食など日ごろの食事に導入しやすいのもかつおのメリットで、アーモンドチョコに比べるとカロリーの心配もそれほど必要ありません。3食のいずれかに取り入れるべき安眠効果のある食べ物がかつおと言えます。

パントテン酸も忘れずに

干ししいたけに多く含まれるパントテン酸は、ストレスに強い心身をつくる効果があり、精神の安定に繋がる物質です。かつおのように摂取方法が多様な食べ物なので、安眠効果を得るためには普段の食事に導入するのがお勧めです。

また、パントテン酸は抹茶にも含まれているため、くつろげる時間に抹茶を飲むのも安眠によく効きます。

足りない分をサプリで補給

前述したトリプトファンやパントテン酸など、まずは安眠に役立つ食べ物と一緒に具体的な栄養成分の名前を覚えることが大切です。個人の味覚や生活習慣、経済的な事情から紹介した食べ物をうまく摂取できないこともあります。その時にはサプリメントで不足している栄養成分を補いましょう。

安眠のためのサプリの使用はあくまでも摂取する食べ物を工夫したうえで、というのが大事なポイントです。

睡眠快眠  睡眠快眠

関連記事

ページ上部へ戻る