アミノ酸を出して安眠しよう!睡眠改善に人気のgabaの5つの事実

アミノ酸のgabaとは

チョコレートや飲料などに含まれるようになってきたgabaという話題のアミノ酸は、” Gamma-Amino Butyric Acid”という英名の頭文字をとったもので、和名では「γ-アミノ酪酸」という名前がついています。
安眠に関連するアミノ酸として大きく注目されており、心療内科などで処方される睡眠薬がgabaの活動に作用することも分かっています。

よく言われるgabaのメリットと安眠

市販されているgabaを含んだ商品は、リラックス効果や鎮静効果によって集中できる心身の状態を作れることを売りにしています。このようなgabaのメリットは安眠に必要なことと被っており、gabaには安眠効果があることが分かります。

gabaを使っておきたいタイプの人

精神と体を落ち着けて集中力を高めたり、睡眠の深度を高めたりするという効果があるgabaは、勉強に追われている学生や仕事で忙しいサラリーマンに特に必要な成分です。学生や会社員は学業・業務内容だけでなく、人間関係のストレスも受けやすいですし、人付き合いの中で外食する機会も多いため、食生活も不健康なものになりがちです。
睡眠のクオリティをgabaで高めて安眠できれば、ストレスもうまく解消できて過食を防ぐ事が出来ますし、アクティブな活動で生活を規則正しくできます。

ドーパミンを押さえるgaba

ドーパミンとは精神を興奮状態にする脳内物質の一つで、物事に取り組むときのやる気をアップ・維持するのに欠かせない物質です。しかし、ドーパミンの分泌が夜間も長く続いてしまうと、脳が起きている状態が続いて安眠が困難になります。gabaにはドーパミンの分泌を抑える役割があり、学校や仕事で昂った神経を安眠が必要な時間帯にオフにしてくれます。

真逆の役割を持つグルタミン酸との関係

ドーパミンを抑えたりリラックスさせたりする効果があるgabaは、全体的に抑制の役割が強いと言えます。一方、グルタミン酸と呼ばれる物質は興奮に作用し、頭が冴えた状態を生み出すため、gabaとは反対の機能を持っていることがわかります。適量のgabaを摂取すると、ドーパミン同様にグルタミン酸の働きが抑えられることが判明しているため、gabaは安眠を防いでしまう2つの物質両方に働きかけるという利点があります。

サプリメントタイプのgabaがお勧め

安眠を得るためにgabaを摂りたい場合、チョコレートなどの消化に時間がかかる食品を使うよりは、サプリメントを使って体に取り入れる方法がお勧めです。その理由は、就寝前に消化が活発になると眠りの質が悪化してしまうためです。
加えて、サプリメントではgabaを集中的に摂ることができますが、食品には糖分など他の成分が含まれているため、gabaの含有量はそれほど多くないことがあります。安眠に特化してgabaを摂るときは、このような点でもサプリメントの使用が適しています。

安眠に必要なgabaの量

安眠するためにgabaのサプリメントを摂る時には、まずはサプリメント商品の表示に従って用量を守るようにしましょう。一般的には一日20mg程度のgabaを摂取することを推奨するサプリメントが多いですが、安眠のためには100mg程度を睡眠前に取る方が良いとも言われています。
そのため、gabaを含んだサプリメントを探す時は100mg前後の用量を推奨している商品を選ぶのが適切であると言えます。

睡眠快眠  睡眠快眠

関連記事

ページ上部へ戻る