夜中に目が覚める睡眠を劇的に改善させる方法

最近夜に目が覚めてしまいませんか?

しっかり熟睡したいのに、いつも深夜に目が覚めてしまう。夜に何度もトイレに立ってしまい、なかなかしっかり睡眠がとれない。日々目が覚める睡眠を繰り返してしまっていませんか?

睡眠はストレスの解消や疲労回復に欠かせない生活の基盤でもある行為です。睡眠が十分に取れていないと生活習慣も崩れてしまい、常に憂鬱だったり、苛立ちやすい生活を送るようになってしまいます。

目が覚める睡眠を繰り返してしまうことにはいくつか理由があります。なのでこの記事ではその理由を知り、そこ理由となっている行動を変えるためのコツを紹介いたします。

目が覚める原因はこれです

夜中に何度も目覚めてしまってまた眠るのに時間がかかる症状を「中途覚醒」といいます。この中途覚醒の症状は高齢者の方に多く見られる症状で不眠の一種です。

自律神経が整っていないことが中途覚醒してしまう原因の一つです。自律神経には活動するときに活発になる交感神経と、休息するときに活発になる副交換神経があります。それぞれの神経がそのときに応じた正しい活動をするためにも自律神経が整っていることは大切です。そして自律神経が乱れていると、休息するべき睡眠中にも目覚めてしまうことが起きてしまいます。

なるべく自律神経を乱すストレスなどを解消して自律神経を整えましょう。

夜にトイレに行きたくなって目が覚めてしまう人も多いと思います。これは夜眠る前にたくさんアルコールや水分を飲んでいることと、膀胱の筋肉が衰えていることが原因です。眠る前に何杯も飲み物を飲むようであれば量を減らしましょう。そしてアルコールには呑むと時間が経つと興奮する作用があるので、大量に呑むのは睡眠に良くないです。水分をとる量を抑えるためにも、眠る前に飲む飲み物は白湯やホットミルクなど温かい飲み物に変えることをおすすめします。

目が覚めない睡眠をとるためにも

自律神経の乱れを整えたり、ストレスを解消するためにもおすすめしたいのは、まず寝室を静かな環境にすることです。

昼間は仕事や家事、友人付き合いなどストレスが溜まることが多々あります。なので夜は自分の時間と割り切り、リラックスできる空間をつくりましょう。視覚からも落ち着ける情報を得るために、寝室のインテリアは緑や茶色を多く配色するのがおすすめです。緑や茶色には疲労回復や心を落ち着かせる効果があるので良質な睡眠に良いですよ。観葉植物を置くこともおすすめです。観葉植物の緑色もリラックス効果がありますし、空気清浄効果もあります。そして静かな環境をつくるために防音カーテンを利用してみてはいかがでしょうか?

次に睡眠サイクルの乱れによって熟睡ができていない可能性もあるので、朝は太陽の光をしっかり浴びるようにしましょう。太陽の光には体内時計をリセットさせる効果があるので、夜型生活の人は太陽の光を見ることによって規則正しい生活に切り替えやすくなります。太陽の光から得られるセロトニンには感情を落ち着かせたり、幸福感を感じたりする効果があるので、リラックス効果もあります。

ぜひ熟睡をして、良質な睡眠を取れるよう少し生活習慣を変えてみてくださいね。

睡眠快眠  睡眠快眠

関連記事

ページ上部へ戻る