よく寝ると長生きできる?寿命を伸ばす睡眠のポイントを7つ紹介!

睡眠と寿命の研究

国内外問わず睡眠に関する多くの研究機関が、睡眠と寿命には相関性があることを主張しています。具体的には、睡眠時間が短いと寿命も比例して短くなる傾向にあり、逆に長すぎても寿命には良い影響を与えないという内容です。よって、寿命を伸ばすには6~8時間程度の適度な睡眠が必要であるという結論が各所で出されています。

寿命に影響するのはストレス

人はストレスを感じると体内で活性酸素と呼ばれる老化物質が大量に生成されるため、体が急激にさびていく原因となります。ストレスを完全に取り除くことは難しく、また、生きていくうえで適度なストレスも必要なため、大切なのはストレスの蓄積を避けることです。

睡眠はストレスを取り除く

ストレスが活性酸素の点で寿命に影響を与えることが分かりましたが、そこに睡眠はどのような形で関わっているのでしょうか。実は、ストレスを溜め込まないために効果的な方法が睡眠で、十分な睡眠を取ることで活性酸素の大量発生や処理不足を避けることができます。睡眠中には体の疲れが取れ、すっきりとした目覚めは精神的にもポジティブな影響を与えます。
寿命を伸ばすための睡眠は、活性酸素を減らすという点で重要であるということを基礎知識として理解しておきましょう。

寿命を伸ばすのに理想的な睡眠時間

8時間睡眠はよく理想の睡眠時間として唱えられますが、実際にこの睡眠時間は寿命に良い影響を与えます。ただし、仕事などの都合で毎日8時間寝るのが難しい場合も少なくありません。あくまでもこの時間を目標としつつ、睡眠時間を確保できるように生活リズムの調整などの取り組みを行うことが寿命を伸ばすのに現実的な方法です。

まとまった睡眠が取れない場合は

どうしても8時間前後のまとまった睡眠時間を確保できない場合、寿命を伸ばすためには20分程度の昼寝も有効ということを覚えておきましょう。30分以上の昼寝は頭が働きづらくなり、夜の睡眠が取りづらくなる可能性もあるためお勧めしませんが、20分程の睡眠は作業効率を上げ、さらに疲れが少し取れることでストレスの軽減効果もあります。忙しい生活の中で寿命を伸ばすためには、一日におけるトータルの睡眠時間を重視するようにしましょう。

睡眠条件の細部までこだわらない

寿命へのメリットを期待して睡眠時間の改善を試みるのは良いことですが、たとえ目標を達成できなくても細かいことには気にしないということも大切です。睡眠時間を確保しようとして無理に生活習慣や環境を変えてしまうと、ストレスが生じてかえって活性酸素の発生を促してしまう可能性があります。
寿命を伸ばすことを目的とする場合の睡眠は、あくまでもストレスを溜め込まない効果が大切なので、気軽な気持ちで無理をせずに8時間睡眠を目指しましょう。

人によって適切な睡眠時間は違う

8時間睡眠が理想の睡眠時間ですが、これは誰にでも共通する訳ではなく、特にショートスリーパー・ロングスリーパーの方は注意が必要です。ショートスリーパーの方は4時間など短い時間でも十分に睡眠のメリットが享受できていることがあり、寿命を伸ばすためにストレスがしっかり取り除かれています。
ロングスリーパーの方は10時間眠ることでやっと一般的な8時間睡眠と同等の効果を得られるといった事例があることに注意しましょう。

睡眠快眠  睡眠快眠

関連記事

ページ上部へ戻る