すぐに試せる安眠方法と安眠を妨害する3つの行動

睡眠の質を上げて安眠するためには、心身のバランスを整える自律神経がポイントになります。
自律神経を自分コントロールすることは難しいでしょう。
しかし、自律神経に「勘違い」をさせる事は可能であり、これがすぐに試せる安眠方法です。
コントロールが難しい自律神経を勘違いさせ、安眠する方法と、安眠を妨害してしまう行動を紹介します。

就寝前には水分を摂取する

人間は寝ている間に、大量の汗をかきます。
汗をかくことによって体温が低下し、深い眠りに繋がります。
つまり深く安定した眠りを目指すためには、汗をかく必要があるため、寝る前に十分な水分を補給することが必要です。
就寝前に水分補給をする際には、常温の飲み物にしましょう。
冷えた飲み物は、脳や身体が緊張状態になるため、浅い眠りになってしまう可能性が高いです。
また、カフェインの入ったお茶やコーヒーは避けます。
コーヒーは香りを嗅ぐことで、安眠に繋がります。
嗅覚と脳の関係は深く、好みの香りを嗅ぐことによってリラックス効果が期待できます。

就寝前にはテレビを観ない

寝室でテレビを観たりスマートフォンやパソコンを見てしまうと、脳が活性化してしまい寝つけなくなり、眠りも浅くなります。
就寝前には、本を読んだり雑誌を眺めるなど、刺激にならないものを利用して気持ちを落ち着かせましょう。
リラックス効果を意識する必要は無く、刺激にならないものであるという点を意識します。
また、横になってから悩み事や心配な事を思い出し、寝つけなくなるというケースもあります。
このような場合には手帳やメモ帳に書くことで気持ちを落ち着かせます。
長文で書く必要は無く、キーワードなど単語でも効果が期待できます。

安眠を妨害する行動

寝室以外の場所で仮眠をする人も多いはずです。
昼間の仮眠は問題ありませんが、晩ごはんを食べた後の仮眠は控えましょう。
わずか10分の仮眠であっても、晩ごはんの後に睡眠を取ってしまうと、体内時計が狂います。
仮眠後にお風呂に入ったり、寝るための準備を行うことで脳が目覚め、寝つきが悪くなることにも繋がります。
晩ごはんの後に眠くなってしまった場合、お風呂に入ることがおすすめです。
目が覚めると同時に、不必要な仮眠防止にもなります。
また、いつも就寝している時間であるからと、眠くないのにも関わらずベッドに入ることは安眠を妨害してしまうでしょう。
眠らなければと努力していると、ますます脳が活性化してしまい寝つけなくなります。
眠くない場合は、しばらく寝室以外の場所で静かに過ごしましょう。
先に挙げたように雑誌を読んだり好きな香りを嗅ぐなど、自然とリラックスするまで待つことが大切です。

自律神経は簡単に勘違いする

自律神経を勘違いさせることは、難しいことではありません。
自律神経を整えるために綿密なスケジュールを組む必要もなく、手軽に行うことができます。
就寝することを正しく脳に伝達するために、就寝前に自分のルールを作るだけです。
また、就寝前には、脳が興奮状態になると思われる行動を控えることが重要となります。
安眠方法や、安眠を妨害する行動を控えることは、いつでも実践可能です。
試してみる価値はあるでしょう。

睡眠快眠  睡眠快眠

関連記事

ページ上部へ戻る