ぐっすり眠れて朝スッキリ!睡眠に効くアミノ酸

suimin

みなさんは、夜グッスリと眠ることができていますか?

「朝、どうも寝覚めが悪い」という方も少なくないのではないでしょうか?

そんな「深い眠りと気持ちいい目覚め」に効くアミノ酸があるというのをご存じでしょうか…?

睡眠に効くアミノ酸、それはグリシン

眠りが浅かったり、寝覚めがよくなかったりする時には、非必須アミノ酸のグリシンが効くということがわかっています。

それは偶然発見されました。

とある薬の効き目を調査する際、偽薬としてグリシンが使ったのですが、治験者の中に睡眠地謡のよくない人がいて、偽薬のグリシンを摂取したら眠れるようになったということから、グリシンの睡眠に関する効果が判明したのです。

グッスリと眠るためには、体の中心部の体温、いわゆる「深部体温」を下げる必要があるのですが、グリシンにはこの効果があります。

深部体温を下げることによって代謝量を減らし、体を休ませることができるのです。

眠りには、「体の睡眠」である「レム睡眠」と「脳の睡眠」である「ノンレム睡眠」があります。

後者の「ノンレム睡眠」の中でも特に深いものを「徐波睡眠」といいます。

この「徐波睡眠」の時、成長ホルモンが大漁に分泌され、傷ついた体を修復するのですが、グリシンを摂取するとより早く「徐波睡眠」に到達することができます。

その結果、疲れも取れやすくなり、朝の目覚めも快適になるのです。

快適な寝覚めは、日中に作業効率アップにもつながります。

ちなみに、睡眠を改善する効果のあるアミノ酸はほかにもあって、GABA(γ-アミノ酪酸)はその中でも代表的なものです。

心を落ち着かせる作用があって、不眠症の人にはこのGABAが約30%も不足していることがわかっています。

ただし、摂りすぎにはくれぐれもご注意を

グリシンに話を戻しますが、このアミノ酸はエビ、イカ、ホタテ、カニ、マグロといった魚介類に豊富に含まれていて、食事による摂取が比較的容易です。

ですが、睡眠状態がよくない人は、このグリシンを寝る直前にこそ摂取したいわけです。

そうなると、サプリメントの助けが必要になってきます。

グリシンのサプリメントは、いろいろな会社が製造・販売していますので、ご検討されてはいかがでしょうか。

食べ物からであれサプリメントからであれ、睡眠改善のためにグリシンを摂取する場合、1日あたり3グラムが目安とされています。

グリシンに限らず、アミノ酸は摂取しすぎると胃腸に悪影響を及ぼします。

例えば下痢になったり、胃の調子がおかしくなったりします。

いくらグリシンで眠れるようになるといっても、1日何十グラムも摂るのは危険です。

くれぐれも注意が必要です。

あとグリシンは、統合失調症の薬との飲み合わせがよくないので、服用されている方はお医者さんに相談が必要です。

最後に

眠りを改善するには生活から改善する必要がありますが、食生活を改善するというのは一番手っ取り早い方法で、グリシンはその食生活の改善に大きく貢献してくれるでしょう。

眠れないみなさんは、グリシンを深い眠り、そして快適な目覚めにつなげるために、効果的に摂取する必要があります。いろいろ試してみて、最適な方法を探してみましょう。

睡眠快眠  睡眠快眠

関連記事

ページ上部へ戻る