お香を使って眠りの深さをアップ!和の香りで安眠を促進するお香3選

安眠前のリラックス文化について

安眠の前には必ずリラックスしておく必要がありますが、どのような方法でリラックスするかは実は文化の影響を受けています。
他にも文化の影響を受けている代表的なものに主食があります。欧米ではパンが主食となることが多いですが、日本では白米が主食なので、食事にお米がないと違和感が残るということがよくあります。
同じように、安眠に必要なリラックス方法は文化ごとに違いがあるため、日本人にとって馴染みのあるものを選ぶ工夫も大切です。

アロマとお香の違い

香りを楽しむ点では共通していますが、文化的な影響を考慮すると、アロマは西洋で主に使われるもので、お香は多くの日本人にとって馴染み深いものと言えます。アロマは安眠にとても効果的なグッズですが、アロマの匂いが苦手という方もおり、お香を使って安眠する方が向いていることもあります。

お香を使う時期について

香りは嗅覚から脳に影響を及ぼし、特定の記憶と匂いが結びつくことがあります。特にお香は葬儀などシリアスなシーンで使われることもあり、直近でお香が使われたイベントがあれば落ち着くまでアロマを楽しむことをお勧めします。

最も高級な伽羅について

伽羅は「きゃら」と読み、お香の中でも最上位に位置する高級な種類の一つです。独特の香りは神聖な気分を誘い、緊張した心を穏やかにして安眠を促す効果があります。高価なのでなかなか手に入りづらいですが、時々自分へのご褒美のように使う目的で少量購入しておくと、いざという時に深いヒーリング効果で安眠を得られます。

懐かしい香りの白檀

白檀は線香で使われることが多いお香の一つで、「びゃくだん」と発音します。香りが非常に良いことで有名な白檀は、就寝前に焚くことでリラックスできる上に、懐かしい香りで温かい気持ちになることもできます。多くの商品が販売されていて伽羅と比べると非常に手が届きやすいお香なので、初めてお香を使う方は白檀で安眠効果を得ることがお勧めです。

西洋でも人気の桂皮

「けいひ」と読む桂皮のお香は、「シナモン」として西洋でも使われている香りです。西洋では食品に用いることが多いシナモンですが、その香りは荒れた心を穏やかにする効果があると言われており、イライラして安眠できない時に最適なお香です。ただし、シナモンの香りが苦手な方は馴染みやすい白檀を使うようにしましょう。

安眠用のお香の使い方について

アロマは液状で販売されていることが多く、ディフューザーを使って楽しむことができます。お香は線香タイプの商品が多く、火を使うため、枕元などで引火しないように注意が必要です。
ただ、お香は睡眠の15分程前に使用することでより安眠効果を得られるため、そのタイミングで焚き始めたお香が消えてからベッドに入ることをお勧めします。

お香の生産地と名称の知識

安眠のためのお香を購入する際には、生産地と他の国での名称を知っておくようにしましょう。先ほど紹介した桂皮は西洋ではシナモンとして親しまれていますし、中国とチベットというように、同じアジア圏であっても名称が異なるだけで同じお香の種類であることも少なくありません。
通販で買う場合は事前にお香の種類についてしっかり情報収集をし、店舗で買う際には店員にお香の解説をしてもらうようにしましょう。

睡眠快眠  睡眠快眠

関連記事

ページ上部へ戻る