お風呂の入り方って気にしていますか?ぐっすり睡眠をとる方法を探せ

suimin

一日の疲れを癒してくれるお風呂の時間。お風呂にはさまざまな効果があります。熱いお湯やぬるめのお湯に入ったり、入浴剤を使用したり、入り方にもいろいろありますよね。入浴をすることで得られる効果を取り入れて、良質な睡眠に繋げていきましょう。では、お風呂の効果から見ていきましょう。

湯熱の効果

お風呂では、体が温まりますよね。実は、お風呂の温度によって効果が変わるようです。お風呂の温度は、40℃を境に体に与える効果が分かれます。40℃未満の37~39℃のお湯では、副交感神経という体をリラックスさせる働きが優位になりますので、気分が落ち着き体が休まります。ぬるめのお湯に20~30分ぐらい入る事をおススメします。血行が良くなり熱を放散することで、深部体温が下がり始めますので、眠りに入りやすくなります。
40℃以上のお湯では、交感神経という体を興奮させる働きが優位になります。朝目を覚ますために42℃ぐらいのお湯に入ったり、肩や首の筋肉をほぐしてくれます。汗を掻いて、体の老廃物を排出することにもなりますね。これ以上の高温のお風呂は、血液がどろどろになって、血管が詰まりやすくなりますので、10分程度を目安にお風呂から出るようにしましょう。

水圧の効果

お風呂に入ることで、お腹に水圧がかかり、腕やお腹が細く見えます。それだけ水圧がかかっており、足元の血液が押し上げられることで血流が良くなります。また、肺の下側にある横隔膜が上に押し上げられるので、肺の容量が少なくなります。それを補うために呼吸数が増えて、心臓の動きが活発になりますので全身の血行が良くなります。マッサージを受けているような感覚で、むくみが取れたり、疲れが取れていきます。

浮力の効果

水中では、浮力によって人間の体重が9分の1になります。体が軽くなることで、筋肉の緊張がほぐれていき解放感がありますので精神的にもくつろいだ状態になります。浮力を利用して、腰が痛い時に、お風呂の中で正座をすると、姿勢がいい状態で腰に程良い重みがかかるので気持ちいいです。心と体の両方の疲れがとれていく感覚となります。

入浴剤の効果

お風呂の効果とプラスして覚えておきたいのは入浴剤です。保温効果がある無機塩類系の入浴剤を使用すると、お風呂を出た後の湯冷めを和らげてくれます。炭酸ガスの出るものを使うと、血行促進効果もあります。血流が促されるため、体を温めてくれます。入浴後の爽快感を味わいたければ、クール系の入浴剤を選びましょう。夏のお風呂あがりに体がスッキリします。
スキンケア系の入浴剤を使用すると、入浴後にも肌の潤いが保たれます。肌がなめらかになり、あせもやひびの予防にも繋がります。入浴剤の香りによって、リラクゼーションにもなります。入浴剤の売り場で、自分が好きな香りを選ぶといいでしょう。

いかがでしたか。今日からお風呂の入り方が変わってきそうですね。寝るために入るお風呂は、ぬるめのお湯に20~30分入り、ゆっくりと体をリラックスさせてあげてください。お風呂に入って、身体の緊張をほぐしたり、むくみをとったり、好きな香りで癒されたりして、一日疲れた身体を癒してあげましょう。お風呂で睡眠の準備に身体を整えて、質の良い睡眠を獲得していきましょう。

睡眠快眠  睡眠快眠

関連記事

カテゴリー

ページ上部へ戻る