お風呂に入って質の良い睡眠を取ろう

睡眠は、疲労回復に必要不可欠なもので、質の良い睡眠を取る必要があります。質の良い睡眠を取るためには、お風呂に入ることが必要です。お風呂に入ることで、体内の脳や内臓などの温度を急激に高めることができ、その後温度が下がります。脳や内臓などの温度である深部体温と寝つきの良さは関係性があり、ベッドに入る2時間前までに深部体温が下がることによって、質の良い眠りを取ることが可能です。

良い睡眠を取るためのお風呂の入り方

良い睡眠を取るためにお風呂に入ることが大切なのですが、より効率を良くするための方法を学び、実行することが大切です。お風呂に入る時の温度は、38℃から40℃に設定しましょう。この温度にすることで、血圧を急激に変化させることを未然に防ぐことができ、心臓に負担をかけることがありません。リラックスできる温度ですので、副交感神経の働きが活発になり、眠りやすくなります。

また、肩までつかるほどのお湯を溜めることも重要です。全身良くをすることで、体温を上げながら代謝を良くする温熱作用や水圧のおかげで血行を改善できる静水圧作用などが期待できます。その結果、疲労回復しやすくなり、リラックス効果が期待できますのでお風呂を終えた後すぐ寝ることができます。効率の良いお風呂の入り方をきちんと理解しておけば、不眠症などに悩まされることはありません。

お風呂に入る際の注意事項を理解しておこう

お風呂に入ることで良い睡眠を取ることができるのですが、快眠するためにはお風呂の正しい入り方を学ぶことが大切です。お風呂に入る前にまず水分補給をしておくことが大切です。お風呂に15分間入るだけで500ミリから800ミリの汗をかくため、水を飲んでから入ることで脱水症状を未然に防ぐことができます。

また、お風呂に入る前にかけ湯をしておくことも重要なことです。かけ湯をすることで、血圧が急に上がりにくくなりますので、いきなり湯船に入るのでは無く、かけ湯をしてから入るようにしましょう。お風呂が終わったら、失った水分を補給するために、400ミリから500ミリほどの水分補給をしましょう。その際、湯ざめして風邪をひかないよう、体をタオルできちんと拭いてから飲むことが大切です。

 

お風呂に入ることで肩こりを解消できる

お風呂に入ることで、質の高い睡眠を取ることができるのですが、お風呂に入ることで、肩こりを改善することもできます。肩こりの原因は、肩にある僧帽筋とよばれる筋肉が硬くなって結構の流れが悪化することで生まれます。この症状を改善するには、肩までしっかりお湯につかることが重要です。肩を湯船の中で温めることによって、リラックスすることができ、固まった筋肉をほぐしてくれます。それゆえ、肩こりを解消することができるでしょう。

お風呂に入ることで得られるメリットは多い

温かい湯船の中でリラックスできるお風呂は、私達にとって嬉しいメリットがたくさんあります。リラックス効果によって快眠することができるため、睡眠不足によるストレスの悩みや仕事の質が落ちるリスクを未然に防ぐことが可能です。また、慢性的な肩こりを改善することができるのも大きなメリットです。

睡眠快眠  睡眠快眠

関連記事

ページ上部へ戻る