お茶を飲んで良い睡眠を取ろう!

寝る女性

翌日に疲れを残さないために、しっかりと睡眠を取ることが大切です。寝る前にどのようなお茶を飲むべきなのかや、注意点、お茶に含まれるテアニンがどのような効果を生み出すのかについて学びましょう。美味しくお茶を飲みながらぐっすりと眠れるようにしましょう。

テアニンを摂取しよう!

お茶には「テアニン」と呼ばれている成分が含まれています。テアニンは、脳の興奮を抑え、自律神経を落ち着かせる効果があります。それゆえ、テアニンを眠る前に摂取することでリラックスすることができ、翌朝スッキリと目覚めることができるでしょう。テアニンを体内に取り込んだ後40分から50分ほどでα波が増大したという研究結果も発表されており、テアニンは良い睡眠を取るために必要不可欠な成分です。ウーロン茶や緑茶、紅茶などに含まれているテアニンを効率良く摂取しながら疲れを取ることが重要です。

睡眠前にお茶を飲もう!

良い睡眠を取るためには、お茶の飲み方に注意する必要があります。緑茶はお湯で作ってしまうとカフェインが発生し、睡眠の妨げになってしまいます。それゆえ、睡眠前に緑茶を飲む場合は、カフェインが出ないよう、水だしで作ることが大切です。水だしで作った緑茶はカフェインが無く、深い睡眠効果が期待できるテアニンができますので、睡眠前に飲んでみましょう。氷などを混ぜて作る冷たい緑茶の場合、体を冷やしてしまいますので、常温で作る必要があります。

また、ルイボスティーもオススメです。ルイボスティーは、独特の甘い香りがある人気のお茶です。ルイボスティーには、「ピテキシン」と呼ばれている緊張状態を緩和しリラックスさせてくれる成分が含まれているため、良い睡眠を取りたいのであれば、寝る前に飲んでおきましょう。ルイボスティーはカフェインが入っていないお茶ですので、寝る前であっても気にすること無く気軽に飲むことができます。

寝る前にウーロン茶を飲んではいけない!

寝る前にルイボスティーなどのお茶を飲むことで、リラックスすることができるのですが、お茶によっては夜快適な睡眠を取るのを邪魔する種類もあります。スーパーなどで販売されている人気のお茶として認知されているウーロン茶は、コーヒーよりは少ないものの、一定数のカフェインが含まれています。

ウーロン茶を飲んだ後に睡眠を取ってしまいますと、カフェインの効果で脳が覚醒してしまうため、なかなか寝付くことができなくなってしまいます。そのため、夜眠る前にお茶を飲むときは、カフェインが入っていないルイボスティーなどを選びましょう。

快適な睡眠を取るために

夜しっかり睡眠を取って次の日気持ちよく起床するためには、リラックスできるお茶を飲んでからベッドに入ることが大切です。コーヒーやウーロン茶などカフェインが入っている飲み物を選んでしまいますと、目が冴えてしまい、なかなか眠ることができなくなってしまいます。ベッドに入ってから寝るまでに時間がかかってしまいますと、次の日の勉強や仕事に支障が出てしまいますので、大変な思いをすることになります。どのようなお茶を飲めば気持ちよく睡眠をとることができるのか、把握することが重要です。

睡眠快眠  睡眠快眠

関連記事

ページ上部へ戻る